動画編集の副業で単発案件ばかりを請けるのは厳しい?

STEP2:案件の探し方

こんにちは!動画編集スクールWork&Joy(ワクジョイ)の稲葉です。

最近は副業やフリーランスとして動画編集を始める方が増えていますが、その理由の1つに単発案件が多く、初心者でも稼ぎやすいから」というものがあります。

確かに近年は、YouTubeやSNSが普及したことから動画編集を必要とする企業や個人が増えており、ネットで探すと様々なジャンルの案件が掲載されています。

しかし「単発案件のみで稼ぐのは厳しい」という意見も多々見られます。

今回は、動画編集業界で単発案件が増えている理由や、単発案件を請けるメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

副業で安定的に稼いでいきたい方は、ぜひご覧ください。

  • 初心者でもソフトの使い方を1から丁寧に学べる
  • 案件獲得から納品まで、実践を通して学べる育成スクール
  • 現役の動画クリエイター講師による完全個別サポート付き

>>>ワクジョイが選ばれる5つの理由

動画編集の単発案件が増えている理由

動画編集の単発案件が増えている理由

ここではまず、動画編集の単発案件が増えている背景について探ってみましょう。

理由は大きく3つあります。

単発案件が増えている理由
  • 多くの企業がマーケティング戦略として動画を活用するようになった
  • 教育分野で動画教材が一般的になった
  • 個人で動画配信を行う人が増えた

まず大きな理由として、近年はインターネットの普及により企業のマーケティング戦略が大きく変わったことが挙げられます。

一昔前まで、企業が商品やサービスのプロモーションを行う方法といえば「テレビ・新聞・雑誌・ラジオ」が一般的でした。

しかし近年は「WEBサイト・YouTube・SNS・WEB広告」といった新たな戦略が加わり、動画コンテンツはその中心的な役割を果たしています。

動画は文字や静止画よりも情報を効果的に伝えられるため、プロモーションのために様々な企業が日々新たな動画を作成しています。

また最近は教育分野で動画教材が一般的になったことや、個人で動画配信を行う人が増えたことも、動画編集の需要増加に大きく関係しています。

動画編集は専門的なスキルが必要であるため、自社で制作するのが難しい人々が外部の編集者に単発で仕事を依頼する機会が増えています。

なぜクライアントは単発で仕事を依頼するのか

なぜクライアントは単発で仕事を依頼するのか

ここまで解説した通り、最近は動画コンテンツの需要自体が大きく増えているのですが、なぜクライアントは単発で仕事を依頼するのでしょうか?

ここでは、その主な理由となる2点を解説します。

クライアントが単発で仕事を依頼する理由
  • 安価で動画編集をしてもらいたいから
  • 動画コンテンツのニーズが一時的だから

理由①安価で動画編集をしてもらいたいから

クライアントが単発で動画編集を依頼する理由の1つに、「安価で編集してもらいたい」というものがあります。

ここまで解説したとおり、企業のマーケティング戦略において動画コンテンツは重要な一環を担っていますが、制作に大きな予算を割けない場合があります。

特にスタートアップ企業や中小企業、非営利団体などは経済的な制約が厳しく、常にコスト効率を意識しなければなりません。

動画編集者を社員やバイトとして雇う場合、設備投資や社会保険などで給料の倍以上の費用がかかりますし、制作会社に依頼すると1分の動画でも5〜10万円程度の費用がかかることがほとんどです。

しかし副業やフリーランスなどの個人に頼めばそれよりも安く抑えられるため、スキルのある編集者に単発で依頼する方がコスパがいいと考える企業も多いです。

理由②動画コンテンツのニーズが一時的だから

動画編集市場で単発案件が多い理由2つ目は、動画コンテンツのニーズが一時的であることです。

一部のクライアントは動画を継続的に配信するのではなく、製品の新発売やイベントの告知など、特定の時のみ必要とする場合があります。

制作会社に頼む場合、やり取りが増えて納期が遅れてしまったり追加料金が発生してしまうことも考えられますが、副業やフリーランスなどの個人の場合、納期や料金に関して柔軟に対応してもらえる可能性が高まります。

そのため、規模の大きい案件は制作会社に頼み、急ぎの場合やコストを抑えたい場合は単発で個人に依頼するなど、場合によって依頼先を使い分けているクライアントもいます。

動画編集の副業で単発案件を請けるメリット

動画編集の副業で単発案件を請けるメリット

動画編集の副業をする上で、単発案件を受注することにはいくつかのメリットがあります。

ここでは、主なメリットとなる次の2点をご紹介します。

  • 様々なクライアントの動画に携われる
  • 合わないクライアントとも割り切って仕事ができる

メリット①様々なクライアントの動画に携われる

動画編集の単発案件は多種多様なクライアントの動画に携われるため、自身のスキルを広げるチャンスになります。

クライアントによって動画のジャンルや目的、アプローチ方法は異なります。

例えばエンタメ系のYouTube動画、美容系のWEB広告、オンラインの動画教材、ドキュメンタリー動画など、異なるジャンルの動画編集をすることで新たな技術とスタイルを習得することができます。

この経験は実績として新規案件を獲得する際に役立ちます。

例えばクライアントが食レポ動画の単発案件を依頼したいとき、そのような動画の編集実績のない人よりも、実績がある人を選ぶ方が安心できますよね。

メリット②合わないクライアントとも割り切って仕事ができる

単発案件を請けるメリット2つ目は、合わないクライアントとも割り切って仕事ができる点です。

動画編集の副業を続けていると、良好な関係を築けないクライアントも出てきます。

例えば動画制作途中で大幅な内容変更や早急な修正を求められることはわりとよくありますが、その時の対応や追加費用の面で問題を感じる場合もあります。

単発の仕事であれば、そのようなクライアントと長期的に関係を築く必要がありません。

企業に雇われる場合は仕事を選ぶことはできませんが、副業やフリーランスの場合、仕事内容や相手を選ぶことができる点が大きなメリットとなります。

動画編集の副業で単発案件を請けるデメリット

動画編集の副業で単発案件を請けるデメリット

動画編集の副業をする上で、単発案件ばかりを請けていると少なからずデメリットも発生します。

ここでは主なデメリットとなる次の2点をご紹介します。

  • 報酬単価が上がりにくい
  • 紹介で案件を獲得するチャンスが減る

デメリット①報酬単価が上がりにくい

デメリット1つ目は、報酬単価が上がりにくいことです。

動画編集の案件単価は、編集者としての「実績・経験」と、クライアントからの「信頼」によって変わってきます。

そのため明らかにスキルが高いと判断されない限り、単発案件は相場よりも単価が低い傾向にあります。

これは近年、動画編集者が非常に増えていることにも関係しています。

もちろん需要も増えてはいるのですが、初心者向けの案件は特に競争率が高いためより低い価格を提示する編集者も多く、コストを抑えて動画制作をしたいクライアントにとってそのような編集者を選ぶのは必然ともいえます。

そのため、単発案件のみで稼ごうとするとより多くの仕事をこなす必要が出てきます。

デメリット②紹介で案件を獲得するチャンスが減る

動画編集の副業で単発案件を請けるデメリット2つ目は、紹介で案件を獲得するチャンスが減ることです。

動画編集の案件は、自ら営業するだけでなく過去のクライアントから別のクライアントを紹介されるパターンがよくあります。

しかし単発のクライアントの場合、編集者と長期的な関係を持つことを視野に入れていないことも多いため、他のクライアントに紹介される機会が少なくなります。

営業にかける労力を減らすためには、クライアントと長期的な関係を結び、仕事が自然と舞い込んでくるような状況を作ることが望ましいでしょう。

動画編集の副業で安定的に稼ぐなら、単発ではなく継続案件を増やそう

動画編集の副業で安定的に稼ぐなら

ここまで解説したとおり、動画編集の単発案件は多くのクライアントとの出会いや様々なスキルを習得するチャンスとなります。

しかし長期的な目線で考えると、単発案件ばかりでは安定した収入に結びつきにくいです。

一般的に、動画編集の高単価案件は内容がより複雑で時間がかかることも多いため、クライアントは長期的な関係を持つ編集者に依頼する傾向があります。

そのため副業で安定的に稼ぎたい方は、高単価の継続案件を増やすことを意識しましょう。

ただし、継続案件ばかりで新規のクライアントを獲得していないと、いざ継続案件がなくなった時に収入が全くなくなってしまうことも考えられます。

単発案件でクライアントから信頼されれば、単価アップや継続的に依頼されることもありますで、両方の仕事をバランスよくこなすことが大切です。

動画編集の副業で単発案件ばかりを請けるのは厳しい?まとめ

まとめ

今回は、動画編集業界で単発案件が増えている理由や、単発案件を請けるメリット・デメリットをご紹介しました。

初心者の方は低単価の単発案件が続いて思うように稼げないと悩んでしまうこともあるかもしれません。

しかしスキルアップして実績を積めば、クライアントの信頼が得られ自ずと継続案件や高単価案件につながってきます。

そのため、初心者の方はまずしっかり勉強をしてスキルを磨くことが大切です。

初心者から最短で案件を獲得したい方へ

  • 未経験から動画編集を学んで稼げるようになりたい
  • 副業として月に5万円でもいいから副収入が欲しい
  • フリーランスとして自由な働き方がしたい
  • 動画編集を独学で勉強してるけど、肝心の稼ぎ方が分からない…

もしもあなたが上記のようにお悩みであれば、動画編集スクール「Work & Joy(ワクジョイ)」で学んで見ませんか?

ワクジョイでは、動画編集のスキルはもちろん、在校中から実際に案件を受けながら「稼ぐために必要なスキル」を全てお伝えしています。

生徒さんの多くが初心者や未経験者で、卒業後は副業やフリーの動画編集者としてご活躍されています。

以下の記事では、ワクジョイが選ばれる理由について詳しくご紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

ブログでは話せない動画編集の裏話や、
LINE限定のプレゼント企画などを配信中!

タイトルとURLをコピーしました