動画編集の案件が安すぎて困っている方は必見!単価アップのコツをご紹介

【単価アップのコツを紹介】動画編集の案件が安すぎて困っている方へ STEP3:稼ぐコツ

こんにちは!ワクジョイ専属ライターの稲葉です。

動画編集者として副業やフリーランスで活動している方は、案件単価が安すぎる…。」と悩んだことはありませんか?

今回は、単価が安くなる原因と、単価アップをするために必要なことを解説いたします。

この記事はこんな方におすすめ
  • 動画編集の案件単価が安すぎて稼げていない
  • 動画編集の案件単価を上げたい
  • フリーランスとして、クライアントとの付き合い方を知りたい

動画編集で効率的に稼ぐコツを知りたい方は、ぜひご覧ください!

動画編集の案件単価が安すぎる原因

動画編集の案件単価が安すぎる原因

では早速、動画編集の案件単価がなぜ安くなってしまうのか、その原因を解説いたします。

簡単にまとめると、「動画編集者が増えて競争が激しくなっているから」です。

ここ数年で動画編集の需要は爆発的に高まり、正社員だけでなく、副業やフリーランスとして動画編集をする方が非常に増えました。

さらにクラウドソーシングサイトの普及によって、より世界中の編集者と繋がりやすくなったため、低単価案件でも人が十分集まるようになりました。

そのため副業初心者の方が案件を探そうとしても、「高単価案件はすぐに他の編集者に取られしまう」という状況が発生しています。

動画編集の副業が稼げないわけではない

動画編集の副業が稼げないわけでは無い

ここまでの解説を聞いて、「単価が安くなっているのなら、動画編集の副業をしても稼げないのではないか?」と思う方も多いと思いますが、実際はそうではありません。

競合が多く低単価になっているのは、基本的なスキルがあれば請けられるような“初心者向けの案件”です。

スキルや経験が必要になるような難易度が高い案件の場合、単価は昔とさほど変わっていません。

そのため、自身がスキルアップして動画のクオリティを上げていけば、高単価の案件を多く受注できるようになり、安定的に稼いでいくことが可能です。

動画編集の副業で稼げていない方の多くが、「低単価案件を数多く受注して、作業量に対する報酬が割に合わない」という状況に陥っています。

しかし副業で稼ぐためには、“高単価案件を継続的に請けること”が大切なのです。

その重要性について、次の章で詳しく解説します。

動画編集の副業において高単価案件が重要な理由

単価が上がらない動画編集案件は断るべきなのか

動画編集の副業を始めたばかりの方は、最初はどうしても低単価案件を請けることが多くなります。

そのため「無理に単価を上げなくても、低単価案件を多くこなせばいい」と思ってしまいますが、経験とともに安すぎる案件を減らしていかなければ、動画編集者として稼ぐことは難しくなります。

ここでは、高単価案件を獲得する主なメリットを3つご紹介します。

高単価案件を獲得するメリット
  1. 動画のクオリティを上げやすい
  2. 案件単価が安すぎるクライアントが減る
  3. 信頼できるクライアントが増える

①動画のクオリティを上げやすい

動画編集の高単価案件を獲得するメリット1つ目は、動画のクオリティを上げやすいことです。

副業初心者の場合、最初のうちは低単価案件を請けることで

  • クライアントとの繋がりができる
  • 作業スピードが上がる
  • 仕事のやり方が分かる

といったメリットがあります。

しかし、低単価案件のみで稼ごうとすると作業量が多いため、1つの案件に対するクオリティは低くなってしまいがちです。

そこで高単価案件を増やすことで、他の案件に費やす時間を1つの動画のクオリティアップに費やすことができるので、スキルが上がってさらに単価アップの交渉ができるようになります。

動画のクオリティを上げやすい

低単価案件を断れば、短期的には収入が減ってしまう可能性もありますが、長期的に見ると”堅実なスキルアップ”と”収入アップ”に繋がっていきますので、メリットが大きいです。

②案件単価が安すぎるクライアントが減る

動画編集の高単価案件を獲得するメリット2つ目は、案件単価が安すぎるクライアントが減ることです。

昨今は、インターネットの普及によって多くのクライアントと繋がる機会が増えましたが、全てのクライアントがスキルに見合った報酬を支払ってくれるわけではありません。

  • それなりのスキルを求めているのに安すぎる単価を設定する
  • 動画編集者が値上げ交渉をしても断る

といったクライアントも数多く存在します。

そのようなクライアントは、安くても受注する人がいるから依頼をしているのです。

もちろんあなたが「安い案件のみをやり続けたい」ということであれば問題ありません。

しかしスキルに見合わない案件を請けてストレスが溜まるようであれば、そのような依頼は勇気を持って断る方がおすすめです。

もちろん、高単価案件を請けるためにはポートフォリオを充実させたり納品物のクオリティを高めることが再前提ですが、スキルを上げた上でなお値上げしないクライアントに対しては、”スキルに対して見合わない報酬”だと理解させることが大切です。

そうすることで安すぎる案件を依頼されることも少なくなり、余計なストレスを減らすことができます。

③信頼できるクライアントが増える

動画編集の高単価案件を獲得するメリット3つ目は、信頼できるクライアントが増えることです。

先述したとおり、基本的なスキルを持つ動画編集者は数多くいますが、高いスキルを持つ編集者というものはそうそういません。

特にインターネットを通じて編集者を探す場合、初見でいきなり高単価案件を任せることは、クライアントにとってもハードルが高いです。

しかしクライアントと信頼関係を結んで「高単価案件を任せられる人だ」と認められれば、横の繋がりで別のクライアントを紹介してもらう機会が増えます。

自分で営業せずともクライアントが増えますし、単価交渉をほとんどしなくても最初から高単価で案件を受注できるようになるため、これを続けていくことで副業として大きく稼いでいくことも可能です。

動画編集の案件単価を上げる方法3つ

動画編集の案件単価を上げる方法3つ

ここでは、動画編集の案件単価を上げるための方法を解説いたします。

主に次の3つの方法があります。

単価アップの方法3つ
  1. 動画のクオリティを上げる
  2. 別の高単価案件を探す
  3. クライアントに直接交渉する

それぞれがアプローチが異なりますので、状況や自身のスキルに合わせて適切な方法を選択しましょう。

以下より、具体的なやり方を詳しくご紹介いたします。

①動画のクオリティを上げる(スキルアップする)

動画編集の案件単価を上げる方法1つ目は、動画のクオリティを上げることです。

具体的には、次のことが挙げられます。

  • 新しいソフトウェアや技術を学ぶ
  • 動画市場の現在のトレンドを理解する
  • 異なる動画スタイルや商材に挑戦する

これらを習得することで、より複雑で専門的なプロジェクトに対応でき、それによって単価を上げることが可能になります。

ここで重要なのは、ただ学ぶだけではなく“インプットすること”です。

普段YouTubeやSNSを見ていると「これはすごい!」と思う動画を見つけることがあると思います。

動画編集はクリエイティブな仕事なので、アイディアが非常に大事です。

日常の中で良い動画はもちろん、悪い動画も反面教師として分析することで、自分が動画編集をするときの引き出しが増えます。

そういった動画を見続けることで、様々なクライアントの要望にも対処できるようになります。

②別の高単価案件を探す

単価が高い別の案件を探す

動画編集の案件単価を上げる方法2つ目は、別の高単価案件を探すことです。

そのためには、自身のスキルと経験をアピールするためのポートフォリオを随時更新していきましょう。

「案件単価が安すぎる」と嘆いている動画編集者の多くが、最初にポートフォリオを作ったきりで、その後は修正や追加を行なっていない傾向にあります。

初めてのクライアントから受注する場合、それは非常にもったいないことです。

クライアントも損をしたくないからこそ、最初は安い案件でその人の実力を見たいと考えますが、そこにポートフォリオがあれば、その人の動画制作能力が一目で分かります。

副業を続けていく以上は、ポートフォリオを常にアップデートすることを意識しましょう。

③クライアントに直接交渉する

動画編集の案件単価を上げる方法3つ目は、クライアントに直接交渉することです。

もちろん、副業初心者の方や、初めて案件を受注するクライアントに単価アップさせるのは難しいと思いますので、タイミングを見計らう必要があります。

継続的に案件をもらえるクライアントであれば、

  • 納品のたびに編集スキルが上がっている
  • 初期のような細かい打ち合わせがなくとも、クライアントの意図を汲み取れている
  • 期限の遅れなどがないと信頼されている

ということですので、他の編集者でなく「あなただから依頼したい」と思われている可能性が高いです。

継続依頼してくれるクライアントには、率先して単価アップの交渉をするようにしましょう。

動画編集スクールワクジョイでは案件獲得もサポートします!

動画編集スクールワクジョイでは案件獲得もサポートします

ここまで、動画編集の案件単価を上げるコツについてご紹介しました。

単価を上げるには、最終的に「クライアントに自分自身のスキルを認めてもらうこと」が必須です。

しかし経験やスキルをまだ培っていない初心者の方にとって、案件単価を上げるのはハードルが高いです。

そこでワクジョイでは、初心者の方の案件獲得もしっかりサポートします!

生徒一人一人にプロの講師がつき、スキルに合わせた適切な案件をご紹介しますので、最初は動画編集に集中しながら「学ぶ&稼ぐ」を実現していけます。

ワクジョイのプランやカリキュラムについて知りたい方は、以下の記事をぜひご覧ください。

また、公式LINEでは不安なことや分からないことについてお答えします!

LINE登録した方限定でお得なキャンペーン情報も公開していますので、ぜひお気軽に友だち追加してくださいね!

まとめ

まとめ

今回は、動画編集の案件が安すぎる原因や、単価アップのコツについて解説しました。

今は動画クリエイターの需要も上がり続けていますが、供給も上がり続けています。

そこで足りないのは、「十分な実力を持ったクリエイター」です。

現在副業として活動している動画編集者の中で、十分な実力を持ったクリエイターは半分にも満たないでしょう。

しかし、スキルを上げて信頼できるクライアントから高単価の案件を依頼されるような状況になれば、見えてくる景色は大きく変化するはずです。

いくら高単価の案件を探しても、自分自身がそれに伴ったスキルを持っていなければ意味がありませんので、少しずつ成長していきましょう。

この記事で得たマインドを活用して、動画編集者として稼ぐためにお役立ていただければ幸いです!

タイトルとURLをコピーしました