【副業としても人気!】動画編集の仕事を在宅で始める方法

STEP3:稼ぐコツ

こんにちは!動画編集スクールWork&Joy(ワクジョイ)の稲葉です。

近年はリモートワークが一般化し、在宅で自由な働き方ができる「動画編集」の人気が高まっています。

未経験から副業やフリーランスとして活動する方も増えていますが、実際に在宅ワークで稼ぐことは可能なのでしょうか?

この記事では、在宅で動画編集の仕事をするメリットや、仕事を探す方法、稼ぐために必要なことについて解説します。

▶動画編集スキルを”稼ぎながら”学びたいあなたへ

動画編集の仕事は在宅でもできるのか?

動画編集の仕事は在宅でもできるのか?

これから動画編集の仕事を始めたい方は、「在宅勤務で柔軟に働きたい」とお考えの方も多いと思います。

動画編集はパソコンと編集ソフト、インターネット環境があればできるため、会社に勤務せずにできる仕事です。

特に近年はテレワークが普及したため、多くの動画編集者が自宅やカフェなどで自由に仕事を行なっています。

また、普段は別の仕事をしている方が、空いた時間を使って副業として動画編集を始めるケースも増えています。

正社員として働く場合はオフィスの可能性が高い

動画編集の仕事で正社員として雇用される場合は、在宅ではなくオフィスで働く可能性が高くなります。

2020年頃は感染症の影響でテレワークを実施する企業が急増したものの、感染症が落ち着いた後は通常の勤務形態に戻る企業も増えています。

出典:カオナビHRテクノロジー総研調査レポート「実施率2割を切り、リモートワーク離れが加速中。そんな中、実施率が増加したのは…?~2022年12月 リモートワーク実態調査~」

オフィス出勤の場合、通勤時間がかかったり勤務時間が決められていたりと自由度は下がってしまいますが、以下のようなメリットもあります。

【オフィス勤務のメリット】

  • 未経験者や初心者の場合、実際のやり方を見たり教えてもらうことができる
  • パソコンや編集ソフトなど、必要な機材が全て揃っている

リモートワークの実施率には地域差があり、経験者の場合は正社員であっても在宅勤務、もしくは出社と在宅勤務が併用されることも多いです。

これから動画編集の仕事を始めたい方は、自身の目的やスキルによって働き方を変えるのもおすすめです。

在宅で動画編集の仕事をするメリット

在宅で動画編集の仕事をするメリット

動画編集の仕事は自由度と柔軟性が高く、未経験の方でも在宅で始めることが可能です。

ここでは、在宅で動画編集の仕事をするメリットを3つご紹介します。

在宅で動画編集の仕事をするメリット
  1. 自分のペースで仕事ができる
  2. スキルや知識を磨くための時間が増える
  3. 自分の専門性に合わせてプロジェクトを選ぶことができる

メリットとしてまず大きいのが、自分の好きな時間・好きな場所で仕事ができて、休憩時間や作業時間を自由に設定できる点です。

通常のオフィス勤務でかかる通勤時間や準備の時間が不要になるだけでなく、食事や服装などの費用が節約できることもあります。

また、動画編集の仕事は常にスキルと知識をアップデートしていくことが大切ですが、在宅だと自由な時間が増える分、それらを勉強するための時間を確保することができます。

また、動画編集の案件は多種多様なジャンルのものがありますので、自分の専門性に合わせて仕事を選べるメリットも大きいです。

これらの理由から、「普段は本業がある方」や「子育て中の方」にも人気の仕事になっています。

在宅でできる動画編集の仕事の探し方

在宅でできる動画編集の仕事の探し方

在宅で動画編集の仕事を始めるためには、まず動画編集スキルを身につけ、それを市場にアピールすることが大切です。

ここでは、具体的な仕事の探し方を3つのステップに分けて解説します。

在宅でできる仕事の探し方3ステップ
  1. クラウドソーシングサイトやフリーランスエージェントに登録する
  2. ポートフォリオと応募文章を準備する
  3. 気になる案件に応募する

①クラウドソーシングサイトやフリーランスエージェントに登録する

在宅でできる動画編集の仕事の探し方にはいくつかの方法がありますが、その中でも特におすすめなのが「クラウドソーシングサイト」「フリーランスエージェント」です。

これらのサイトには多くの企業や個人が登録しており、多種多様な動画編集の案件が掲載されています。

仕事の受発注やクライアントとのやりとりはインターネット上で行われるため、ほとんどの案件が在宅可能なものとなっています。

上の画像は国内最大手のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」の案件検索画面ですが、YouTube動画やTikTok動画、結婚式動画やイベント動画など、様々なカテゴリに分けて案件を探すことができます。

初心者向けの案件も多いため、動画編集を始めたばかりの方には、まずはクラウドワークスやランサーズといった大手のサイトに登録することをおすすめします。

以下の記事では、クラウドワークスを使った仕事の探し方について解説しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

②ポートフォリオと応募文章を準備する

上記で紹介したサイトで案件を受注するためには、「ポートフォリオ」「応募文章」を準備しておく必要があります。

  • ポートフォリオ:
    自分が過去に行った仕事やプロジェクトをサンプルとしてまとめたもの
  • 応募文章
    自分の経歴や持っているスキル、案件への意気込みなどを簡単にまとめた文章

これらは、クライアントに自分の能力を示すための重要なツールとなります。

通常、クライアントはポートフォリオ動画や応募文章をじっくり見る時間がないことがほとんどですので、1〜2分見ただけでも内容が十分伝わるよう、簡潔にまとめることがポイントです。

ポートフォリオは特に自信のある作品をYouTubeなどで限定公開して、応募文章やプロフィールの中にURLを掲載しましょう。

以下の記事では、動画編集の営業文の書き方について詳しく解説しています。

③気になる案件に応募する

必要なものが準備できたら、実際に案件に応募していきましょう。

ここで大事なのは、「気になる案件があれば積極的に応募する」ことです。

冒頭でも述べたように、近年は在宅ワークで動画編集を始める方が増えていますので、初心者向けの案件は特に競争が激しいです。

まだ経験の少ないうちは「20件応募してやっと1件受注できた」ということもよくありますので、不採用が続いたからといって諦めないことが大切です。

動画編集は経験とともに作業スピードや編集スキルが上がり、ポートフォリオの内容がレベルアップする分仕事も決まりやすくなります。

まず最初の1件を取ることを目標に、どんどん案件数や単価を増やして目標金額を稼げるようになりましょう!

在宅で動画編集の仕事を続けるために必要なこと

在宅で動画編集の仕事を続けるために必要なこと

在宅で動画編集の仕事を続けるためには、以下の3つのことが必要になります。

  • 知識・スキル
  • スケジュール管理能力
  • コミュニケーション能力

①知識・スキル

在宅で動画編集の仕事を続けるためには、当たり前ですが「知識・スキル」が必要です。

これは基本的な動画の作り方はもちろん、サムネや装飾を作る際に必要なデザインスキル、動画の企画や視聴率を伸ばすために必要なマーケティング知識など、様々なものが含まれます。

動画編集の技術は日々進化しており、最新の知識や技術を知っておくことで作業時間が短縮されたり、実績を伸ばすことにも繋がります。

オフィス勤務と違って、在宅勤務の場合は他の動画編集者と直で情報交換をしにくい環境になります。

情報サイトやSNSを活用して、他の編集者の作品を見たり、仕事のやり方などを学んだり、交流を深めるなどして自分の知識を増やしていくことが大切です。

②スケジュール管理能力

在宅で動画編集の仕事を続けるために必要なこと2つ目が、「スケジュール管理能力」です。

在宅での仕事は自由度が高い反面、安定的に仕事を受注する努力が必要です。

納期を守ることは絶対ですが、クライアントに報告・確認をまめに行ったり、進めている案件と並行しながら営業をかけ、新規の案件を獲得しなければなりません。

動画編集は急な依頼や修正を求められることもありますので、スケジュールが変わっても臨機応変に対応していくことが大切です。

特に初心者の方は、動画編集に時間がかかって睡眠時間が削られる…といったお悩みもよく聞きます。

動画編集の作業スピードは、ショートカットやテンプレートを駆使することでかなり短縮されます。

具体的な時短テクニックについて気になる方は、以下の記事をぜひご参考下さい。

③コミュニケーションスキル

在宅で動画編集の仕事を続けるためには、コミュニケーションスキルも重要です。

在宅の場合、クライアントと直接やりとりすることはなく、チャットやメールなどでコミュニケーションをとることがほとんどです。

そのため、案件の詳細や進行状況、提案などを文字だけで明確に簡潔に伝えることが求められます。

どんなに編集スキルが高くても、これらができていなければクライアントから一緒に仕事をしたくないと思われてしまいます。

初心者の方に特に心がけてほしいのが、「どんな状況でも即返信をすること」です。

例えばクライアントから修正依頼があった場合、修正対応した後に返信をするのではなく、連絡を受けた時点ですぐに「対応します」といった返信をしましょう。

ネット上でのやりとりは、クライアントの「内容を確認しただろうか?」という不安をなるべく取り除くことが大切です。

未経験者が在宅で動画編集の仕事を始めるための最短ステップ

未経験者が在宅で動画編集の仕事を始めるための最短ステップ

今回解説したように、在宅で動画編集の仕事をするには様々なスキルが必要になります。

そのため、未経験の方が実際に稼げるようになるには、時間も労力もかかることを覚悟しなければなりません。

動画編集は独学でも可能ですが、未経験の方が最短でスキルを学ぶためにはスクールに通うのがおすすめです。

  • 未経験から動画編集を学んで稼げるようになりたい
  • 副業として月に5万円でもいいから副収入が欲しい
  • フリーランスとして自由な働き方がしたい
  • 動画編集を独学で勉強してるけど、肝心の稼ぎ方が分からない…

もしもあなたが上記のようにお悩みであれば、動画編集スクール「Work & Joy(ワクジョイ)」で学んで見ませんか?

ワクジョイでは、動画編集のスキルはもちろん、在校中から実際に案件を受けながら「稼ぐために必要なスキル」を全てお伝えしています。

生徒さんの多くが初心者や未経験者で、卒業後は副業やフリーの動画編集者としてご活躍されています。

以下の記事では、ワクジョイが選ばれる理由について詳しくご紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

【副業としても人気!】未経験者が動画編集の仕事を在宅で始める方法まとめ

まとめ

この記事では、在宅で動画編集の仕事をするメリットや、仕事を探す方法、稼ぐために必要なことについて解説しました。

在宅で動画編集をすることには、「自由な働き方ができる」「自分のペースでスキルを身につけられる」というメリットがあります。

最近はクラウドソーシングサイトも一般化していますので、未経験の方でも在宅で稼ぐことは十分可能です。

しかし、仕事を続けるためにはあらゆるスキルが必要となります。

これから動画編集を始めようとしている方は、ぜひこの記事の内容を参考にして、効果的なスキルアップを目指してください!

タイトルとURLをコピーしました