動画編集にかかる時間はどのくらい?工程ごとの目安時間と時短テクをご紹介!

動画編集にかかる工程ごとの作業時間と時短術! 動画編集ノウハウ

こんにちは!動画編集スクール”ワクジョイ”専属ライターの稲葉です!

この記事をご覧の方には、「動画編集の時間がかかりすぎる…。」とお悩みの方も多いと思います。

動画編集には様々な工程が必要となり、編集作業に慣れたプロの方であっても、常に作業時間の短縮方法を模索しています。

そこで今回は、動画編集の各工程における作業時間の目安と、時間を短縮するための効率的な方法をご紹介します!

今回ご紹介する時短テクを実践することで、クオリティの高い動画を素早く作成することが可能になります。

初心者の方やすでに動画編集の副業を始めている方は、ぜひ最後までご覧ください!

  • 初心者でもソフトの使い方を1から丁寧に学べる
  • 案件獲得から納品まで、実践を通して学べる育成スクール
  • 現役の動画クリエイター講師による完全個別サポート付き

>>>ワクジョイが選ばれる5つの理由

動画編集にかかる時間はどのくらい?

動画編集にかかる時間

動画編集は時間がかかるとよく言われます。

実際どのくらいの作業時間が必要かというと、10分の動画を編集する場合の目安は以下のようになります。

目安の作業時間
  • トーク動画:約5〜6時間
  • エンタメ系動画:約12時間以上

シンプルなトーク動画の場合は比較的編集が簡単なので、効率化できれば3〜4時間まで短縮することも可能です。

エンタメ系動画の場合は、素材やエフェクトなどを多用することが多く、クライアントのこだわりによってはさらに時間がかかることもあります。

最初は億劫に感じるかもしれませんが、視聴者にとって価値のある動画を提供するためには必要不可欠な時間とも言えます。

稼ぐ編集者になるためには、クオリティを維持しながら1つずつの作業を効率化して、スピードを早めていくことが大切です。

動画編集の各工程における目安の作業時間

動画編集の各工程における目安の作業時間

ここでは「動画編集の各工程における目安の作業時間」について、初心者の方向けに解説します。

先ほど、10分の動画編集にかかる時間は約5〜6時間と解説しましたが、その内訳は以下のようになります。

  1. 素材の取り込み(約30分)
  2. カット編集(約2時間)
  3. テロップ挿入(約1時間)
  4. エフェクトやトランジションの適用(約1時間)
  5. 音楽や効果音の挿入(約1時間)
  6. 書き出し・最終確認(約30分)

以下より、それぞれの工程について詳しくご紹介します。

①素材の取り込み(約30分)

動画編集の作業工程1つ目は、素材の取り込みです。

これは撮影した動画素材をパソコンに取り込む作業で、平均として約30分の時間がかかります。

動画の長さやサイズによってはさらに時間がかかることもあります。

また、ご自身で静止画やイラストなどを用意する場合は素材探しの時間も考慮しておく必要があります。

後ほど詳しく解説しますが、普段から素材データをストックして必要な時にすぐ取り出せる状態にしておくのがおすすめです。

②カット編集(約2時間)

動画編集の作業工程2つ目は、カット編集です。

カット編集とは、映像の不要な部分を取り除いて必要な部分のみを繋ぎ合わせる作業です。

作業する際は、動画を少しずつ再生しながら「音声が不自然に途切れていないか」「テンポよくストーリー展開できているか」といった細かい部分を調整します。

全工程の中でも最も時間がかかり、平均として約2時間かかります。

カットが動画の仕上がりを左右するといっても過言ではありませんので、初心者の方はぜひ、以下の記事で解説しているカット編集の効率的なやり方やコツを併せてご覧ください。

③テロップ挿入(約1時間)

動画編集の作業工程3つ目は、テロップ挿入です。

テロップとは動画内にのせる文字情報のことで、強調したい部分や補足したい部分をテキスト化したものを言います。

視聴者に対するメッセージをより明確に伝えたり、伝わりにくい部分の理解を進めるといった重要な役割があります。

テロップの挿入作業は、平均として約1時間かかります。

動画によっては演者が話したことすべてにテロップを入れることもありますので、作業時間を短縮するために「自動文字起こし機能」を活用するのがおすすめです。

以下の記事では、Adobe Premiere Proのテロップ挿入を爆速で行う方法をご紹介しています。

④エフェクトやトランジションの適用(約1時間)

動画編集の作業工程4つ目は、エフェクトやトランジションの適用です。

エフェクトとは動画に動きをつける「特殊効果」のことを言い、トランジションとはカットとカットの間をつなぐエフェクト(特殊効果)のことを言います。

クロスディゾルブ

(例:クロスディゾルブ)

特殊効果を使用することでより洗練された印象になり、視聴者の興味を惹きやすくなります。

これらを適用する作業には、平均的に1時間程度かかります。

⑤音楽や効果音の挿入(約1時間)

動画編集の作業工程5つ目は、音楽や効果音の挿入です。

適切なBGMやSE(効果音)を使うことで、動画の雰囲気を引き立てると同時に、視聴者が動画に没頭しやすくなります。

この作業は平均として約1時間かかります。

初心者の方は音楽素材を選ぶのに時間がかかることもありますが、様々な動画を作成するうちに「こういうシーンではこういう音楽を使う」ということが感覚的に分かってくるでしょう。

以下の記事では、ハイクオリティで幅広いジャンルの音楽を取り揃えているフリー素材サイトをご紹介しています。

⑥書き出し・最終確認(約30分)

動画編集の作業工程6つ目は、書き出しと最終確認です。

書き出しとは、編集したデータをMP4やMOVといった形式の動画ファイルに変更して保存することを言います。

書き出しにかかる時間は動画の長さやデータ容量によって変わりますが、およそ5〜30分程度かかります。

そして納品する前に、最終確認を行いましょう。

  • 映像や音声が不自然に途切れていないか?
  • BGMや効果音の音量は適切か?

などを確認し、気になる箇所が見つかった場合は修正を行いましょう。

動画編集の時間がかかりすぎる原因

動画編集の時間がかかりすぎる原因

ここまで、動画編集の各工程における目安の作業時間を解説しました。

動画編集に慣れれば目安よりも早く作業を終わらせることが可能ですが、初心者の方は平均よりも時間がかかり過ぎることがほとんどです。

ここでは、動画編集の時間がかかりすぎる主な要因を3つご紹介します。

  • 動画編集ソフトに慣れていない
  • 作業の順番・やり方が決まっていない
  • 完成形のイメージが見えていない

①動画編集ソフトに慣れていない

動画編集の時間がかかりすぎる原因1つ目は、編集ソフトの使い方に慣れていないことです。

どのソフトを使用するかは個人の目的によって異なりますが、動画編集で稼いでいきたい方の多くが、Adobe Premiere Proなどの編集ソフトを使用していると思います。

そのようなプロ向けのソフトは、クオリティの高い動画作成が可能な分、操作が複雑な面もあります。

まだソフトの使い方に慣れていない初心者の方は、使用ガイドやYouTubeなどのチュートリアル動画を見て操作方法を学び、実際に動画を作りながら慣れていきましょう。

②作業の順番・やり方が決まっていない

動画編集の時間がかかりすぎる原因2つ目は、作業の順番・やり方が決まっていないことです。

例えば、動画編集をするたびに「何から始めよう」「次は何をしよう」と悩むと、その分無駄な時間が発生してしまいますよね。

そのため、作業の順番をテンプレ化してスムーズに進められるようになりましょう。

順番は自分のやりやすい方法で構いませんが、以下のような流れがおすすめです。

【作業の進め方の一例】
素材の取り込み → カット編集 → テロップ挿入 → エフェクトやトランジションの適用 → 音楽や効果音の挿入 → 書き出し

初心者の方は複数の工程を同時進行で行い、動画冒頭から順番に作り込んでしまう傾向があります。

しかしそれだと途中で過不足があった時、修正に時間を取られてしまうことがあるため、同様の工程を1つずつ完了してから次の工程に移る方が効率的です。

③完成形のイメージが見えていない

動画編集の時間がかかりすぎる原因3つ目は、完成形のイメージが見えていないことです。

完成系が見えていると、

  • カット編集の際にどのシーンを残すべきなのか
  • どこにテロップを入れるのか

など、必要な作業が明確になります。

これが見えないまま作業を進めると、途中でどんな編集をするか悩んだり、こだわらなくていい部分まで凝ってしまったりと、無駄に時間をかけてしまうことがあります。

動画編集を始める前は、まず「この動画にはどんな目的があるのか?」「何を一番に伝えたいのか?」を確認しましょう。

これらを確認することで、目的に沿った動画を作成することができ、再生回数が伸びるなどの効果が期待できます。

動画編集にかかる時間を短縮する方法5つ

動画編集にかかる時間を短縮する方法

ここまで解説した「動画編集の時間がかかり過ぎる要因」を取り除くだけでも、動画編集にかかる時間を大幅に短縮することができます。

しかしそれ以外にも、作業時間を短縮するテクニックは数多くあります。

ここでは、特に効果的な時短テクを5つご紹介します。

動画編集の効果的な時短テク
  • ショートカットを覚える
  • 素材のストックを準備しておく
  • テンプレートやフォーマットを使う
  • スペックの高いPCを使う
  • 動画編集スクールでプロの時短テクを学ぶ

時短テク①ショートカットを覚える

動画編集にかかる時間を短縮する方法1つ目は、ショートカットを覚えることです。

ほとんどの編集ソフトでは、よく使う機能にショートカットキーが設定されています。

例えばPremiere Proの場合、

  • クリップのカット:
    ctrl + K(Macの場合は⌘ + K)
  • 選択したクリップを削除して後ろのクリップを前に詰める:
    alt + Delete(Macの場合はoption + delete)

というショートカットがあります。

カットとリップルの削除だけでも、マウスを使って操作するより5〜6秒の時間を短縮することが可能です。

初めは覚えるのに時間がかかるかもしれませんが、習慣化することで大きな時短に繋がりますので、ぜひ活用しましょう。

時短テク②素材のストックを準備しておく

動画編集にかかる時間を短縮する方法2つ目は、素材のストックを準備しておくことです。

動画編集には、以下のような様々な素材が必要になります。

  • BGM
  • 効果音
  • イラスト
  • 写真素材
  • 映像素材

これらは主にフリー素材を配布するサイトから入手できますが、動画編集の度に素材を探し回ると時間がかかります。

そのため、普段から利用できそうな素材をストックとして準備しておくのがおすすめです。

素材が増えると探すのも大変になるので、素材の種類やジャンル毎にフォルダを分けて、定期的に整理しておきましょう。

時短テク③テンプレートやフォーマットを使う

動画編集にかかる時間を短縮する方法3つ目は、テンプレートやフォーマットを使うことです。

例えば、オープニングやエンディングなど毎回繰り返し使う要素は編集ソフトにテンプレートとして保存しておくことで、毎回1から作る時間を短縮できます。

また、インターネット上にはモーションやテロップなどのテンプレートを無料配布しているサイトが数多く存在します。

これらを上手く活用することで、時間をかけずにクオリティの高い動画を作ることができます。

なおワクジョイの公式Xアカウント(旧Twitter)では、Premiere Proで今すぐ使えるフォントスタイル20種を無料プレゼントしております!

詳しくは下記の固定ツイートをぜひご確認ください。

時短テク④スペックの高いPCを使う

動画編集にかかる時間を短縮する方法4つ目は、スペックの高いPCを使うことです。

編集ソフトを使用している時に

  • 動作スピードが遅い
  • 編集途中でソフトが落ちてしまう
  • エンコードに時間がかかりすぎる

ということがあれば、動画編集ソフトのサイトを見て、推奨するPCスペックを確認しましょう。

推奨スペック以上のPCを使用することで、1つ1つの動作が早くなり、全体の作業時間を短縮することができます。

特に、グラフィックカードやRAM、CPUの性能は重要ですので、一度確認してみてください。

⑤動画編集スクールでプロの時短テクを学ぶ

動画編集にかかる時間を短縮する方法5つ目は、スクールでプロの時短テクを学ぶことです。

動画編集の時間を短縮するコツは、ここまでご紹介した4つ以外にも数多くあります。

プロとして活躍する動画編集者のほとんどは、高クオリティかつ効率的な作業テクニックを確立しています。

独学で学ぼうとするとどうしても時間がかかりますが、スクールであれば基本的なスキルから応用的なスキルまでを幅広く効率的に学ぶことが可能です。

動画編集スクールWork&Joy(ワクジョイ)では、実際の案件に取り組みながら最短でプロの編集者を目指すノウハウを徹底指導しています!

学びながら稼ぐことが可能なスクール「ワクジョイ」の詳細を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

また、ワクジョイでは現在4周年キャンペーンを実施しています!

以下の公式LINEでは、普段よりお得に受講できる情報を配信していますので、気になる方はぜひお気軽に友だち追加してくださいね!

動画編集にかかる工程ごとの作業時間と時短術まとめ

まとめ

今回は、動画編集の各工程における作業時間の目安と、時間を短縮するための効率的な方法についてご紹介しました。

動画編集は時間と労力を要する作業ですが、今回ご紹介した時短テクを組み合わせることで、作業スピードが大幅にアップします。

しかし、クオリティを保つことも忘れてはいけません。

高品質な動画を作るには一定の時間が必要ですので、必要な作業手順や工程は手を抜かず、適切に時短していきましょう。

作業効率の向上に取り組むことは、クリエイターとしてのスキル向上や生産性の向上にもつながります。

時間がかかり過ぎるとお悩みの方は、ぜひ今回ご紹介した方法から試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました