動画編集スクールは意味がない?真相を徹底解説!

【やめとけ】動画編集スクールは意味がない?真相を徹底解説! STEP4:スクールの選び方

こんにちは!ワクジョイの専属ライター、稲葉です。

この記事を見ている方の中には、「これから動画編集スクールに入ってスキルを身に付けたい」とお考えの方も多いと思います。

しかしスクールについてネットで調べてみると、「スクールは意味がないという意見も度々耳にします。

今回は、一体なぜ意味がないと言われるのか、その理由について調査しました。

さらに「ワクジョイではどうなのか?」ということも比較して解説します。

この記事で分かること
  • 動画編集スクールが意味がないと言われる理由
  • 動画編集スクールに向いていない人の特徴
  • 失敗しないスクールの選び方

このような方に必見の内容となっていますので、スクール選びに迷っている方はぜひご参考ください!

動画編集スクールが「意味ない」と言われる理由とその真相

動画編集スクールが「意味ない」と言われる理由とその真相

動画編集スクールが「意味ない」と言われる理由は、大きく以下の2点があるようです。

  • 基礎的なことしか教えてもらえない
  • 料金が高額

以下より、それぞれの詳細と、その真偽について解説します。

理由①基礎的なことしか教えてもらえない

動画編集スクールが意味ないと言われる理由1つ目は、「基礎的なことしか教えてもらえない」という意見です。

スクールに入る方は、

  • これから動画編集のプロになりたい
  • 副業で稼いでいきたい

とお考えの方が多いと思いますが、基礎を学べば実際に仕事ができるのかというと、そうではありません。

ましてや最近はYouTubeなどで動画編集のやり方を無料で解説しているチャンネルも数多くありますので、スクールで似たようなことしか学べない場合、モチベーションが低下してしまいます。

ではこの理由は実際に本当なのか、Work&Joy(ワクジョイ)を例にして真相を解説していきます。

【真相】確かに基礎的なことから教えられるが、スクールによって異なる

この理由の真相は、正しいです。

多くの動画編集スクールでは、初心者の方でも編集テクニックをマスターできるようなカリキュラムを構築しているため、すでにある程度の知識がある方にとっては基礎が多く感じてしまいます。

しかし、これには明確な理由があります。

なぜかというと、正しい知識を正しい順番で学ばなければ、いざ応用編に進んだ時につまずいてしまうからです。

例えば、編集ソフトの使い方を正しく理解していなければ、いくら高度な編集テクニックを知ったところで、いざ仕事をするときに「時間がかかる」「非効率的なやり方をしてしまう」という問題が出てきます。

ですので、動画編集スクールではまず土台をしっかりと固めて、応用を効率的に理解してもらうことを大切にしています。

しかし動画編集スクールの中には、基礎だけで終了してしまう場合もあります。

ワクジョイでは基礎はもちろんのこと、応用編では実際の案件に取り組みながら、より高度なテクニックを学んでいただきます。

独学では得られない多くの知識をお伝えしますので、ご安心ください。

理由②料金が高額

料金が高額

動画編集スクールが意味ないと言われる理由2つ目は、「料金が高額」という点です。

先にお伝えすると、ワクジョイの入学・学習費用は6ヶ月間コースで42万円(税込)です。

これについては、「なぜそんなに高いの?」と言われることがありますが、

  • 他のスクールも高額なのか?
  • なぜスクールによって価格が違うのか?

ということについて真相を解説していきます。

【真相】料金はピンキリで、カリキュラムやサポート内容によって変わる

結論から言うと、動画編集スクールの入学費用は数万円〜数百万円までピンキリです。

例えば、専門学校であれば2年間で約300万円近くかかることが多く、通学型のスクールやオンラインスクールの場合、半年間で20万円〜120万円程度かかることが一般的です。

先述したように、最近ではYouTubeで無料で編集スキルを学ぶことも可能ですので、「そんな高額でも意味がない」と感じる方もいるでしょう。

スクールの費用が変わる要素は、主に以下の3点あります。

  1. カリキュラム内容
  2. サポート内容
  3. 機材や設備の内容

基本的に、通学型のスクールは校舎の維持費や機材などの設備費用がかかるため、受講料が高額になります。

また、オンラインスクールであってもマンツーマン指導や案件紹介など、サポートが充実すればするほど高額になってきます。

逆に費用が安いスクールの場合、基礎的な内容を学ぶのみであったり、多くのサポートを受けられない傾向が高いです。

ワクジョイではどうなのか?

ワクジョイではどうなのかというと、動画編集のプロがサポートしながら基礎から応用までをしっかり学んでいただきます。

一般的なスクールよりも高額と言われることもありますが、基本的なカリキュラム内容に「生徒一人一人への添削」「案件紹介」などのサポートが含まれておりますので、精一杯安くしてこの金額となっています。

生徒さんには、入学後1〜2ヶ月で実際の案件に取り組んでいただき、「卒業後すぐに編集者として活躍するためのスキル」を身に付けていただきます。

もちろんそこで発生する費用はスクール生にも分配されます。

動画編集スクールが「意味ない」と感じる方の特徴

動画編集スクールが「意味ない」と感じる方の特徴

ここまで、動画編集スクールが意味がないと言われる理由を解説しました。

動画編集スクールが意味のあるものになるかどうかは、「受講するスクール」「学ぶ人」によっても大きく変わってきます。

ここでは、どのような人が意味がないと感じてしまうのか?その特徴について解説します。

特徴①短期間で大きく稼ぎたいと思っている

「短期間で大きく稼ぎたい」と思う方は、動画編集スクールに入っても意味がないと感じてしまうかもしれません。

動画編集は経験と知識量がものをいう仕事ですので、スクールでスキルを学んだからといって、いきなり大きく稼げるわけではないからです。

中には動画編集を始めてすぐに大金を稼ぐ方もいますが、そのような方はマーケティングや営業など、編集以外のスキルに秀でている方がほとんどです。

多くの人は、地道に技術やクリエイティブ力を鍛えていき、長期的に続けることで、高額で安定した収入を得られるようになります。

初心者の方は、「自分は今どのような案件を請けられるのか?」が分からず悩んでしまうこともあると思いますが、ワクジョイでは個々のスキルに応じて適切な案件を割り振るようにしています。

最初は初心者の方向けの案件から取り組んでいただき、動画編集のプロがスキルとクリエイティブ力を見ながらサポートしていきますのでご安心ください。

特徴②勉強したくない

勉強

次に、「基本的に勉強が嫌い」という方も、動画編集スクールに入っても意味がないと感じてしまうかもしれません。

一般的に独学で動画編集を勉強して、プロ並みのクオリティを身につけるまでに200時間〜300時間はかかると言われています。

動画編集スクールの場合、効率的なカリキュラムと分からないことを講師に聞ける仕組みがあるため、ある程度は時間を短縮できます。

それでも100時間以上はかかると見ておいた方がいいでしょう。

特に副業として動画編集をやりたい方は、本業の合間に勉強する必要があるため、よりモチベーションの維持が大切です。

特徴③地道な作業が苦手な人

次に、地道な作業が苦手な人も「動画編集スクールは意味ない」と感じてしまうかもしれません。

これはスクールだけではなく、動画編集の勉強や仕事をする上で共通して言えることです。

例えば、テロップを入れる作業でも、シーン毎に一つずつ文章を入れていかなければいけません。

クリエイティブ力が試されるのは、そのデザインであったり、アニメーション、エフェクトなどの細かい部分です。

その細かい作業を丁寧に行うからこそクオリティアップに繋がるので、地道な作業が苦手な方は、そもそも編集作業自体に向いていない可能性が高いです。

失敗しない動画編集スクールの選び方

失敗しない動画編集スクールの選び方

最後に、ここまで解説した「動画編集スクールが意味ない」と言われる理由を踏まえた上で、失敗しないスクールの選び方を解説していきます。

主なポイントは、以下の4点です。

意味あるスクールを選ぶためのポイント
  • 自分が学びたいカリキュラムが入っているか?
  • フィードバックや質問回答などのサポートがあるか?
  • 基礎だけでなく応用も学べるか?
  • 費用と内容が見合っているか?

まず最初に考慮すべきは、スクールが提供するカリキュラム内容です。

自分自身が一体何を学びたいのか、どの程度の知識を持っているかによっても、選ぶべきスクールは変わります。

全くのゼロの状態で学びたいのであれば、サポートの手厚い動画編集スクールを選び、すでに基礎を知っている人であれば、より応用を学べる動画編集スクールを選ぶのがいいでしょう。

次に、在学中のサポート体制も重要な要素です。

初心者の方の場合、用語の意味や編集ソフトの使い方など、要所要所で分からないことが出てくると思います。

だからこそ、ワクジョイのようなマンツーマン指導や課題に対する個別のフィードバック、質問対応などのサポート内容をチェックすることがおすすめです。

そして最後に、動画編集スクールを意味のあるものにするためには、「内容と費用が見合っているか」が重要です。

例えば「お金をかけずに学びたいから一番安いスクールに入学する」という選び方だと、サポートなどが不足して「結局何も得られなかった」「意味がなかった」という結果になりかねません。

そのため、スクールを選ぶ前には

  • 自分が将来動画編集でどのように生活したいのか
  • そのためには具体的に何を学べばいいのか
  • どういう方法であれば無理なく学べるか

といったことを明確にしましょう。

どうやって学べばいいか分からない方は、一度ワクジョイにご相談ください!

動画編集スクールワクジョイでは、「これから動画編集を学んで稼いでいきたい」という方に向けて、将来のキャリア形成のためのプランを一緒に考えます!

  • 副業をするためには何から始めればいいのか?
  • どのくらい勉強すればいいのか?

など、入学前に気になることをオンラインの無料説明会でご相談いただけます。

もちろんLINEの登録はいつでもブロックできますので、まずはお気軽に友だち追加してみてください!

動画編集スクールは意味がない?真相を徹底解説!のまとめ

動画編集スクールは意味がない?真相を徹底解説!のまとめ

今回は、動画編集スクールに入る意味がないと言われる原因と、その真相を解説しました。

現在数多くの動画編集スクールが乱立し、それぞれ費用も内容も異なりますので、意味がないと感じる方は一定数出てきます。

ですが、今回解説したように「カリキュラム内容、サポート、稼ぎ方」などの点に注目し、自分の目的に合うスクールを選ぶことで意味のあるものになってきます。

ワクジョイでは、初心者が失敗しないためのカリキュラムと、卒業後も稼いでいくための実践的なスキルを提供しています。

気になる方はぜひLINEに登録して、詳細を確認してみてください!

ワクジョイ公式LINE参加ボタン
タイトルとURLをコピーしました