動画編集の仕事でどれぐらい稼げる?年収からキャリアアップの方法まで徹底解説

動画編集の仕事でどれぐらい稼げる?年収からキャリアアップの方法まで徹底解説 稼ぐコツ

今回は動画編集の仕事はどれぐらい稼げるのかを解説していきます。

動画編集の仕事と一概に言っても内容は様々で、当然得られる収入も大きく変化します。

・これから動画編集を始めようとしている方

・動画編集でどれぐらい稼げるのか知りたい方

・動画編集の仕事内容とそれぞれの単価を知りたい方

このような方に必見の内容となっています。ぜひご覧ください。

動画編集はどれぐらい稼げる?

まず動画編集はどれぐらい稼げるのかというと、動画編集の案件にもよりますが、実際にあった動画編集の案件と単価を例に出してみます。

案件作業内容単価
ショート動画作成1分程度の短い動画を制作する1,000円〜1,500円
YouTubeの動画編集代行未編集の動画をもらい、
カット
・テロップ
・BGM・SE等
を入れる作業
5,000円〜10,000円
動画広告制作・ディレクション
・カット
・テロップ
・アニメーション
を入れた動画を制作する作業
10,000円〜50,000円
(アニメーションやディレクションの難易度によって単価は大きく異なる)
YouTubeディレクション・ディレクション
・動画編集
・チャンネル運営
100,000円〜300,000円
※フリーランスの案件のみ

ここではフリーランスとしてどのような案件でどれぐらい稼げるのかをまとめましたが、他にも動画編集を主業務とする企業へ正社員やアルバイトとして入社するという選択肢もあります。

そう言った場合は稼げる金額はこのようになります。

  • 正社員 → 年収400万円前後(手取り20万〜25万円前後)
  • アルバイト → 月収15万円前後(月に15日活動想定)

このように正社員とアルバイトであれば、仕事の成果に限らず安定的な収入を得られるようになります。

フリーランスで動画編集を始めると稼げるのか?

次にフリーランスとして動画編集を始めた場合、どれぐらい稼げるのかを解説していきます。

ですが、まずはフリーランスとしてどのように活動していきたいのかを考えなければいけません。

そこでフリーランスの働き方をいくつか紹介していきますが、

パターン働き方の例収入
副業感覚で時間がある時に働きたい土日や本業以外の時間(主に夜)に2時間程度動画編集の仕事を行う月数千円〜5万円程度
とにかく稼ぎたい平日土日関係なく動画編集の仕事を行う
働く時間はその人が終わろうと思った時
月15万円〜50万円程度
(案件の内容で大幅に変動)
月初に仕事をして月末は全て休みにしたい月初に休み関係なく仕事を詰め込み、動画編集の案件が終了すると月末まで全て休暇に充てる月10万円〜20万円程度

このように、まずはあなた自身がなぜフリーランスとして活動していきたいのかを明確にしましょう。

ここが明確でない状態でフリーランスになっても、理想と現実の差に絶望して活動を辞めてしまう可能性があります。

まずは動画編集の仕事でいくら稼ぎたいのかを明確にする

それでは実際に稼げる金額を話していきますが、あなた自身が動画編集の仕事でどれぐらい稼ぎたいのかを決めておきましょう。

※この稼ぎたい金額はある程度地に足がついた金額にしておいた方がいいです。

ここでは月に15万円と仮定しましょう。先ほど出した様々な案件と単価を例に話していきますが、効率的なのはYouTubeディレクションです。

単価が高ければこの案件1本だけでも目標金額に到達します。ですがそこまで上手くいくことはまずないと思ってください。

最初のうちは、ショート動画やYouTube動画の編集が多くなるので、それで計算をすると、ショート動画だけの場合、単価を1,500円で考えると月に100本、通常の長さの動画であれば、1本10,000円だとすると月に15本作成しなければいけません。

この作業と実際の案件の本数で実際に稼げる金額は大きく変動します。

ショート動画だけだと月に数万円程度しか稼げない

15万円稼ぐために月にショート動画を100本作成しなければならないですが、実際に可能なのでしょうか?

シミュレーションしてみると、1日3本程度、1本にかかる作業時間は人によって異なりますが、1時間〜2時間程度でしょう。

そうすると最短で3時間で制作はできるので、現実的に可能ではありますが、これはフリーランスの自分自身の都合です。

クライアントからの発注にも限界がある

ここで忘れていけないのはクライアントにも都合があり、それによって発注本数が決まるという点です。

ショート動画を100本は現実的ですが、クライアントは1つのチャンネルで毎日1本投稿しても約30本しか必要ありません。

別のチャンネルや複数投稿、撮影時間なども考えるとあまり現実的ではありません。

そのため、1つのクライアントから月100本を契約するのは非常に難しいでしょう。複数クライアントから受注しなければならないですが、それぞれのクライアントに癖もあり、1本1時間という見積から大幅に変動することもあるので注意しなければいけません。

フリーランスで稼ぐことができる平均は100万円〜400万円が多い

ここまで単価や目標月収までにどれだけの動画編集をしなければいけないのかを解説してきましたが、実際に動画編集で稼いでいる実例を出してみます。

フリーランス協会が毎年出しているフリーランス白書を見てみると、2022年のフリーランスの年収は下記のようになっています。

フリーランスの収入分布_2022
一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2022

この内容は動画編集以外でもシステム開発やコンサルティング系のフリーランスの収入も入っているので、動画編集の年収の分布とは言えませんが、半数以上の割合が「200万円未満」「200-400万円未満」という結果が出ています。

そのため、フリーランスの半数以上は動画編集だけでなく、どのような業界でも半数以上が400万円未満の収入しか得られていません。

それでもフリーランスを続ける理由は一体何なのか分析すると

では、半数近くのフリーランスが一般会社員以下の収入でもフリーランスを続けている理由は何なのか分析してみると、

  • 自分が作業した分の報酬が得られるので無駄な作業がない
  • 収入を上げやすい
  • 時間的な拘束がほとんどない

このようなことが挙げられます。確かに会社員だと、自分の仕事が終わっても定時までは必ず会社にいて、他の作業をする、もしくは暇な時間を過ごさなければいけません。

さらに収入は年功序列制であっても年間で1万円も上がりません。

一方でフリーランスの場合、働けば働くほど収入は上がり、作業時間は決められておらず、納期に間に合えば、朝だけ仕事をしても、夜だけ仕事をしても働き方の制限は一切ありません。

このようにお金だけではなく、精神的な自由があるので、フリーランスを続ける要因となっています。

動画編集のフリーランスで年収を上げていくための方法

ここまで、フリーランスでどれだけ稼げるのか、平均的な金額まで解説してきましたが、ここからは動画編集のフリーランスとして年収400万円を超える動画クリエイターになるためにはどのようにしたらいいのかを紹介していきます。

年収を上げていくための方法①案件受注量を増やす

まずは最もイメージしやすい動画編集の案件受注本数を増やすことです。

様々なクライアントとお付き合いをしなければならず、かなり負担は増えてしまいますが、これが最も手っ取り早い方法です。

しかし手っ取り早い方法といえど、動画編集の案件でこの方法を実践している方は少ないです。

動画編集は1本あたりにかかる時間はかなり変動してしまうので、案件の本数を増やしてしまうと、休みも取れず毎日朝から深夜まで仕事をしなければいけない状況に陥ってしまうリスクもあるので、この方法は最終手段として考えておきましょう。

年収を上げていくための方法②案件単価を上げる

次に先ほど出した方法と真逆になりますが、案件量ではなく案件の質を重視する方法です。

この後にもお話ししますが、動画編集の質とフリーランスの単価は比例することが多く、案件の単価が相場より高くなることがあります。

例えば、10分の動画編集であってもYouTubeに似た編集ではなく、2カメ、3カメを使ってテレビのように編集した動画であれば、単価は2倍以上になることも珍しくありません。

この方法であれば、無理なく動画編集で稼げる金額は上がっていき、収入は増えるが、今までと動画編集にかける時間は変わっていないという最高の効率で活動することができるでしょう。

動画編集の質とフリーランスの単価は比例する

それでは先ほどもお話ししましたが、動画編集の質とフリーランスの単価は比例するということについて解説していきます。

フリーランスになりたての時は、案件相場もわからず、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトに頼ることが多くなってしまうでしょう。

ここで案件を受注する場合は基本的に案件単価はクライアントが決めていることが多く、その単価に納得したら受注するという方式になってしまいがちですが、フリーランスとして活動していくと、自分自身で案件の単価を決める場面が出てきます。

そういった時に、他の動画クリエイターはこの相場で受注しているが、自分の動画はクオリティが高いから、その相場以上の価格を提示することも可能です。

もちろん、クライアントから受け入れてもらうことが条件になりますが、ポートフォリオなどを使って伝えることができれはその分受け入れてもらいやすくなります。

このように動画編集の質とフリーランスの単価は比例するので、400万円以上を稼ぎたいかたは制作する動画の質に意識を持って動画編集をするといいでしょう。

動画の質を上げるための方法

動画の質を上げるといっても、何をしたらいいのかわからない方もいるでしょう。

ですが、動画の質を上げるためにやることは意外と簡単で、

  • 動画の品質を上げる
  • 新しい技術を取り入れる
  • 様々な動画を見て見識を深める

この3つだけで動画の質を上げることができます。

動画の質を上げるための方法①動画の品質を上げる

まずは動画の品質を上げるということです。

ここで言う品質とは「ミス」を少なくすることで、例えば、テロップの位置や誤字脱字、BGMの入りが数フレーム遅いなどのミスで、このようなミスが品質を下げる要因となっています。

動画編集初心者の方でもチェックをするだけで品質を上げることができるので、必ず取り入れるようにしましょう。

動画の質を上げるための方法②新しい技術を取り入れる

次に新しい技術を取り入れる方法です。

同じパターンの動画ばかりだとクライアントも含め視聴者は飽きてしまいます。だからこそ、新しいエフェクトを取り入れたり、例えば、AIを駆使して効率化をしたりと新しい技術は多種多様です。

これは動画の質を上げるのと同時に作業の効率化も図ることができる方法なので、できるだけ取り組むようにしましょう。

動画の質を上げるための方法③様々な動画を見て見識を深める

そして最後に、様々な動画を見て見識を深める方法です。

動画の表現に正解はなく、人それぞれ自由な編集方法で視聴者に訴求をしています。そのような動画を見ることで、普段自分が行う編集以外の動画編集ノウハウが得られ、方法②でもお話しした新しい技術を取り入れることに繋がります。

これは勉強というより普段から見ている動画を視聴者ではなく動画クリエイターとしてみることで学びになるので、別の視点で日々色々な方の動画を見るようにしましょう。

動画編集の仕事でどれぐらい稼げる?のまとめ

動画編集の仕事の年収からキャリアアップの方法まで徹底解説のまとめ

まとめとして、動画編集の仕事で稼げる金額は、

  • 正社員:年収400万円前後
  • アルバイト:月15万円程度
  • フリーランス:平均200万円〜400万円程度(上振れあり)

このようになりました。「フリーランスって稼げるって思っていたけど思っていたように稼げないんだ」と思うかもしれませんが、これはあくまでも例であって実際に活動してみると更に稼げているということも珍しくありません。

ここでお話しした、動画の質を上げる方法を実践していけば、いずれは年収1000万円を稼ぐことも夢ではありません。

これから動画クリエイターはどんどん増え続けていくでしょうが、動画の質が高い動画クリエイターはこれからも案件が請けれないと苦しむことなく安定的に稼いでいくことができるので、一流の動画クリエイターを目指しましょう。

相場以上の単価で案件が請けられるスクール「ワクジョイ」

動画編集の仕事でどれぐらい稼げるのかについて解説でしたが、実際に動画編集の案件を探してみると、ショート動画1本200円、10分程度の動画1本1,000円など、実際の作業に対しての対価があまりにも低すぎていてフリーランスとして生計を立てることも難しい案件も多数あります。

ですが、初めて活動する人や、ポートフォリオが十分ではなかったりするとそもそも一般相場の価格帯の案件すら受注できないということもあり得ます。

そうなってしまうと、動画クリエイターとして活動ができずにこの業界から撤退しようという考えになってしまいます。

参考記事【やめとけ】プロが解説!動画編集の仕事はきつい・辛い・辞めたいって本当?

ワクジョイであれば、適正価格で動画編集の案件が受注できる

ですが、動画編集スクールWork&Joy(ワクジョイ)では、初心者からでも動画編集ができるようにプロの専属講師をつけて動画編集の勉強ができ、さらに、在学中に動画編集の案件を受注できる今までなかった動画編集スクールになっています。

実際の案件を学びに使う「超実践型カリキュラム」によって、専属の講師と一緒に様々な案件に挑戦でき、月に数万円〜十数万円を稼ぐことも可能です。

実際に入学者の声と実際に稼いでいる金額を出すと、2人とも20万円近い収入を得ています。

現在3周年キャンペーン中なので、ぜひこちらの公式LINEをチェックしてみてください。

ワクジョイ公式LINE参加ボタン
タイトルとURLをコピーしました